携帯電話等のアプリを利用

社員

社内管理とモラル

社員の行動把握について会社が大規模なものになるほど、経営者や幹部は、社員の行動を把握・管理しておく必要があります。それには、会社の情報漏洩などのリスクを減らすことや、監視の目を置くことで、社員が愚直に仕事に励むからです。また、会社の責任者である経営者には、会社を優先することはもちろん、社員を優先することも同等に重要です。特に、社内は仕事上のファミリーであることから、その社員はもちろんのこと、社員の家族も含めて大切にする責任があります。そこで、仕事上の関係性をこえた付き合いが重要です。居場所を確認すること災害や事故は、誰もが遭遇する可能性があるため、仕事上でそのような災難に見舞われた場合は、しっかり仲間がフォローできるような管理体制が必要になります。最近では、誰もが1台は持つ携帯電話やスマートフォンにもGPSが付いていることから、簡単に安否確認を行うことができます。よって、災害時には会社の仲間の安否確認をできるようなアプリを共有することが現代の社会では常識となっています。悪用しない安否確認できるアプリを利用する際の注意点ですが、必要以上に監視しないことは重要です。便利なツールですが、あくまで個人のプライバシーは守ることが重要です。アプリの中で安否確認以外にも、チャットできる機能や、居場所の履歴を残すシステムなど様々なオプションが付加されています。社内管理するツールとしては、非常に優れたツールですが、踏み込んではいけない個人の領域には入らないことは最低限のモラルとなります。