労務管理の効率化

オフィス

管理ツールの見直し

企業において、従業員の管理すなわち労務管理は、財務管理と同様に重要な業務の一つとなっています。労務管理は従業員の採用から始まり、労働契約の管理や教育訓練など多岐に渡りますが、それらの中で最も重要な業務の一つに勤怠管理があります。勤怠管理は従業員の出退勤に始まり、超過勤務や休日出勤など、従業員の就業状況を把握する業務です。給与計算期間の締め切りになると、総務部門や人事部門で従業員の勤怠集計を行いますが、集計が遅れると、後工程である給与計算に支障をきたすため、普段からの勤怠状況把握が重要となります。しかしながら、管理を執り行う総務、人事部門は少人数で構成されていることが多いため、日常の勤怠管理が疎かになっているということが往々にしてあります。そのような状況を改善する為には、勤怠管理ツールを見直すことが必要です。勤怠を管理するツールといえば大手企業こそ自社で勤怠管理システムを運用していますが、中小企業では、未だにタイムレコーダーを用いているケースが多くみられます。最近では中小企業向けに汎用型の勤怠管理ソフトが多く出回っているため、導入することによって管理にかかる手間を大幅に削減することができます。勤怠管理ソフト導入で最も効果が感じられるのは、集計の手間が不要になることです。従業員が専用のICカードを専用機器にかざすだけでソフトに情報が全て集まり、日々集計されるため、総務部門の手間といえば、打刻がなかった部分の確認だけとなります。今や勤怠管理ソフトは業務効率化に欠かせないものとなっています。