災害に備えた安全管理

男と女

企業での導入実績が増加

地震や自然災害による被害が日本でも大きな話題となる事が多くなり、企業にとっても社員の安全各品や安否確認が必須の時代となってきました。近年は一人一人がスマートフォンや携帯電話を持つ時代となり、個人の安全を確認しやすくなったとも言えます。しかし、従業員を多数抱える企業にとっては社員一人一人の安否確認をする事は難しく、オートメーションシステムを導入する事で、ネットを使った安否確認が一度に出来る様になりました。主にセキュリティ会社から安否確認用のシステムやサービスが販売されており、一度に数千人から数万人規模の社員の安全を確認する事が出来ます。地震等の災害が起きた際に、一斉に安否確認をメールを送り、簡単に被害状況を選択し返信出来るため、社員一人一人の安否をすぐに確認出来ます。もし返信が無い社員がいた場合には、どこかで被害に合っている可能性があると判断が出来たり、被害にあったと返信があった社員に対しては、すぐに報告が出来たりとタイムリーな状況判断が可能となりました。安否確認を実施する上で、定期的にテストを実施し、社員が登録しているメールアドレスへ連絡が届くか、社員全員分の連絡先が登録されているのかを確認する事も重要です。そして新入社員が入社した際には、必ず全員登録する様促す事も重要ですので、常に全社員のデータが管理された状態にしておき、もしもの時に備えた安否確認が出来る状態を整えておきましょう。