男と女

災害に備えた安全管理

自然災害等はいつどこで起こるか予想が難しいため、社員の安全を確認するための安否確認のシステムを導入する企業が増加しています。何か起きた際に社員全員分の状況を簡単に確認出来るため、テストを繰り返しながら社員の安全を確保する様にしましょう。

複数のPC

適正な雇用環境構築の為に

人口減少社会となり労働力確保は企業の重要課題です。職場環境の改善が急務な中、勤怠管理を疎かにしていては労働者が来ません。適切な勤怠管理機器・システムを導入することにより労働環境の改善とトータルコストの低減が図れます。

ネットワーク

災害に強い企業とは

地震や風水害などの発生時に従業員の安否確認を行うことは、事業継続にとって大きな意味を持ちます。大災害の際には電話などの通信が繋がりにくくなるため、非常時のための安否確認サービスを契約しておくと安心です。

社員

携帯電話等のアプリを利用

社内管理する上で、誰もが持つ携帯電話やスマートフォンに居場所を確認するアプリをインストールすることが必要です。これは、災害時に安否確認ができるなど、便利な面もあります。しかし、個人のプライバシーは侵害しないことが最低限のモラルとして求められます。

オフィス

労務管理の効率化

企業において、従業員の就業状況の把握、すなわち勤怠管理は財務管理と同じ位重要であり、後工程である給与計算に支障をきたさないよう、効率化を図らなければなりません。勤怠管理のツールといえばタイムレコーダーが一般的ですが、勤怠管理ソフトを使えば勤怠集計などの面で大幅な効率化を図ることができます。

安否の確認手段

男女

ツール活用とその効率化

大地震が発生した際には、社員の安否確認を行うことが重要となっている。これらの安否確認では、社内の連絡網などを活用し、上長から部下に連絡を取るなどし安否情報を収集することが通常であった。しかし、これらの連絡網を活用しての安否確認では確認に多くの手間がかかり、状況によっては安否確認ができないというケースも発生してしまう。特に大きな規模の企業では、社員全体の安否確認を行うのに大きな労力がかかってしまう。これらの労力を削減し、確実に安否状況を収集するためのツールとしてあるのが、安否確認ツールである。安否確認ツールでは、地震発生時などに一斉にメールなどを社員に発信し、社員はそれらに応答することで安否状況を把握できる。その際には、社員自身の安否状況の他、家族の状況や家屋の状況なども併せて入力してもらうことで把握が可能になる。安否確認ツールを活用する場合には、連絡の取れる連絡先を確実に登録しておいてもらうことが重要になる。アドレスが変わった場合などには、確実に変更されることが必要である。これらでは、社内の住所届けなどと連動し、安否確認での連絡先も併せて更新されるシステムを導入しておくことで、管理自体の手間を省くことができる。また、訓練を行うことも必要である。安否情報の収集が確実に行えるかを平常時に訓練しておくことで、いざという際に確実な対応を行うことができる。事前の設定や準備をしておくことが重要である。